恥ずかしながら おかわりを

思いのたけを綴るとついつい長くなってしまいます。お急ぎの方はカテゴリー【チャプ日記】、【絵日記】をどうぞ。

<不妊治療>チャプちゃんを授かるまでの期間、金額、気持ちを公開!①

f:id:stoolpigeonn173:20211002231356j:image

こんにちは、1歳5ヶ月の愛娘チャプちゃんの育児奮闘中のにゃー将軍です。

 

チャプちゃんは顕微授精という不妊治療の中でも一番お金のかかる方法(笑)で授かったのですが、うまくいかない期間は悩んで、「この治療をいつまで続ければいいんだろう・・」とか「この先いくらかかるんだろう・・」とか成功事例を参考にしたいと検索したりもしていました。

 

千差万別なので人のことは参考にはならないのですが、「そうは言っても、あなたはどうだったのさ!?」というのが私の場合気になったので、公表してみようと思います!

 

結論から書くと、妊活歴3年(内不妊専門クリニック歴1年半)でおよそ170万円ぐらいかかって妊娠することができました!

 

がっくりくることもありましたが、わくわくすることも多い3年でした。

 

詳しいことを下記に記していきます。

 

 

※この記事は不妊治療をしようか迷っている方、不妊治療中だけど先が見えずに嫌になっちゃってる方へ向けて書いています。

 

スペック

 

妊活開始時

夫 46歳、持病なし、前妻との間に子あり

妻(にゃー将軍) 33歳、持病なし、妊娠経験なし

 

病院

 

産婦人科①

結婚することが決まってすぐに当時住んでいた家の近くの産婦人科に行き、ブライダルチェックを受けました。当時何も知識がなかった私は、何か検査をしてその結果が出たら「問題ないですよ」と言ってもらえると思っていたのに、「じゃあ次は生理が始まって3日目に来てください」とか「週明けにきてください」と何日も通うことになり、検査の種類の多さやそれにかかる期間の長さにうんざりしてしまいました。

 

当時は仕事もしていて半休をとったりして通院していたので、「そんなに何日も仕事休めないんですけど、まだ結果でないんですか?」と言ったところ、「お母さんがそんなんじゃ、先が思いやられるね」と言われたのが印象に残っています(そのときはムッとしました)。

 

私としては自分が不妊なわけはないという根拠のない自信があり(風邪もなかなかひかない健康体だったし)、問題ないというお墨付きをもらうだけのつもりが、本格的な不妊治療を開始されたような気がして、それは私には必要ないと途中で通院をやめてしまいました。

 

色々検査をしただけで結果がよくわからないままでした。

 

産婦人科②

それから基礎体温をつけはじめ、自分なりのタイミング法を試みましたが妊娠せず、ちゃんと排卵しているのかなどがやはり気になり始め、夫と暮らし始めた家から近い別の産婦人科に通うことになりました。

 

そこでは今度は打って変わってあんまり色々と検査をせず、採血と内診だけだったと思いますが「特に病気は見当たらないので、その内妊娠するでしょう」と言ってもらい、排卵日付近に通院し「今日と明日あたりお励みなさい(なんだその表現は笑)」みたいなことを言われて言われた通りにしました。

 

それで排卵日付近に通院してタイミングをとるというのを1年半(!)ぐらい続けましたが妊娠できませんでした。

 

今思うと33歳で1年半もタイミング法だけで過ごしてしまうのは勿体ない!!と思うのですが、当時は結婚式とかハネムーンとかのことでウキウキして過ごしていて、赤ちゃんのことは「あれ?気づけば生理がきてないわ・・!?」っていうパターンになるような気がしていました。

 

それから段々焦りはじめたのですが、月1回排卵のタイミングには通院していたので、何故かそのときはなかなか妊娠できない人には産婦人科の先生の方から「なかなか妊娠できないので人工授精をやってみますか?」とかって提案があるはずだと思っていました(なんて人任せな考えなんだ・・・)。

 

でも何も提案してもらえないので「あの~、人工授精とかっていうのもやった方がいいですかね?」と聞いてみたところ、「高度不妊治療をやりたいなら紹介状書くよ」と言われて「えっここではできないの!?」と初めて察したのでした(遅い)。

 

後になって考えてみれば、その病院はあくまで病気でないことを確認できればそれがゴールで、妊娠するかどうかはまた別の話という感じでした。

 

産婦人科③不妊専門クリニック

そこで、1年半トライしてダメなんだから私は不妊なんだ!と確信し(遅い)、今度は家から近い不妊専門クリニックに通い始めました。

 

ここに通い始めた当初は、切羽詰まった深刻な顔をした女の人が多く感じちょっと怖かったのですが、産婦人科②と違って「あくまでもゴールは妊娠」で、今周期うまくいかなかったら次の周期でキメましょう!と妊娠へ向けてのベルトコンベアに乗せてもらえたような印象を受けて嬉しかったです。

 

この後に書く、お金の話はこの不妊専門クリニックでかかったものになります。

 

何故なら①や②の産婦人科でかかった費用は③の不妊専門クリニックからしたら鼻くそのようなものだからです(そしてもう覚えていない)。

 

このクリニックは「2年以内に約90%の人が妊娠しています」というのを売りにしていて「ま!?じゃあ大体妊娠できるやん!・・てかそれ本当かな・・」と思いましたが、結果として通院1年半でにゃー将軍も妊娠することができました。

 

長くなったので②に続きます。

 

 

okawariwo.com