恥ずかしながら おかわりを

アクセスの多い記事はカテゴリー「ヒット記事」にあります

頑張りたいことを頑張れるのは幸せなことなんだなあと実感しています

 

こんにちは、2歳の愛娘チャプちゃんの育児奮闘中のにゃー将軍です。

 

ただいま、実家に1週間ほど帰ってきています。

 

夫とチャプちゃんと暮らす家と、私の実家は5駅ほどで近いです。

 

実家では母が家事の一切をやってくれて、その上チャプちゃんとも遊んでくれるので、本当に助かりまくっています。

 

つわりの峠も越えたような気がしてきました。

 

ところで、タイトルの件ですが、頑張らないでいることは幸せじゃないなあと思ったことのメモです。

 

なんていうか、自分が頑張りたいことを頑張れるのは楽しいし、やり甲斐があるし、達成感があることだったんですね。

 

もちろん、自分が頑張りたくないのに強制的に頑張らされるのは辛いし、自分がやりたいことでも休まず頑張り続けると疲れちゃうのはそれはそうなんですが。

 

「そんなに頑張らなくていいよ」

って声をかけてもらえるとありがたくて涙ちょちょ切れちゃったりもしますが。

 

なんかこの数週間ずっと薄ら気持ち悪くて、そういう状態だともう全然頑張れなくて、で頑張らないでいると全然時間が経過しないんですよね。

 

早くこのつわりの時期をやり過ごしたいと思っているのに、

「まだ13時か…。」

とか思うと本当絶望しちゃうんですね。

 

で、つわりでこんなになっちゃうんだから、どこか痛いところがある人とか、何かしら気がかりなことがある人っていうのは本当にしんどいだろうなあと強く思いました。

 

なんか、頑張っていないように見える人に

「もっと頑張ればいいのに。」

って思うのはやめようと思いました。

 

そんなところです。

 

f:id:stoolpigeonn173:20220916112242p:image

 

チャプちゃんは坂路調教で仕上げています。

 

おわり