恥ずかしながら おかわりを

アクセスの多い記事はカテゴリー「ヒット記事」にあります

姿勢をよくする3つのステップ

いらすとや

 

こんにちは、2歳の愛娘チャプちゃんの育児奮闘中のにゃー将軍です。

 

にゃー将軍はとっても姿勢が悪いのです。

 

それでときおり、「はっ!姿勢を正さなければ」と思うのですが、普段が悪すぎるので、急にしゃんとしようとしてもなんだかおかしな姿勢になってしまうのです。

 

そこで、これならまあいいんじゃないかと思えるスリーステップを思いついたので備忘録として書いておこうと思います。

 

※普段から人の役に立つ記事は書いていませんが、今回は特ににゃー将軍個人にしか役に立たないやつです。

 

1.胸を上げる

2.万歳して、指先をなるべく体から遠く後ろにぐるっと回して気を付け

3.膝を緩める

 

以下、補足説明です。

 

1番の「胸を上げる」なんですけど、よく「だらっとすな! 胸を張れ!」って感じに言われるような気がするんですけど、にゃー将軍は胸を張ろうとするとなんか胸だけを前に突き出すような感じがしてしっくりこないと思っていました。

 

そんなある日テレビで、何か緊張するような物事に臨もうとしている人に声をかける際、日本人は「頑張れ!」とか内面を鼓舞するような声掛けをすることが多いけど、アメリカンは「顎を引け!」とか「胸を上げろ!」と具体的に姿勢のことを言うことが多いというような話をしていました。

 

そこで、「胸を上げる」ならわかりやすいな、と思ったんですよね。

 

2番は腕をぐるっと前から後ろに回すってことです。

 

にゃー将軍の場合は、姿勢の悪さは主に巻き肩の酷さが自分では一番気になっています。

 

なんていうか、本来は体幹を鍛えて、腕は肩からぶら下がっているようなのが正しいんだと思っているのですが、にゃー将軍は腹筋も背筋もなく腕は自分(腕)の力で持ち上がっている感じで、常に肩が上がっているんですよね。

 

3番は普段背筋が曲がっているのに、突然上半身だけ意識すると、下半身もがちがちになって動けなくなってしまうので、ちょっとリラックスっていう感じです。

 

昔ベリーダンスを習っていたことがあるのですが、その時には衣装は露出が多いし腕を動かす動作も多いし、なんとなく常に姿勢を良くせざるを得なかったというか、自然と綺麗な姿勢を取れていたような気がしているんです(にゃー将軍史上では一番)。

 

そのとき、足はすり足みたいな感じで膝をぴんと伸ばすのではなく少し曲げておくような感じにしていたので、その時の感覚を思い出そう、というのもあります。

 

そして、スリーステップと書いておきながら、いらすとやさんのいらすとでいいのを貼ろうと思ったら深呼吸のイラストがありました。

 

 

ラジオ体操第二(だっけ?)の中に深呼吸がありますよね、(腕を上げて、横に広げて、戻すみたいなやつ)あれをすればにゃー将軍の巻き肩の悩みは解決されそうな気もしてきました。

 

1.大きく深呼吸

2.膝を緩める

 

ツーステップでいけそうでした。

 

ところで、そんな瞬間的に姿勢をよくするのではなくて、ずっと姿勢よく生活したいものです。

 

そのためにはにゃー将軍は徹底的に筋肉が足りないと自覚はしているのですが、たまにリングフィットをやるぐらいしかできていない・・。

 

 

本当はマンツーマンレッスンとかで、自分に足りない筋肉をトレーナーに見つけてもらって、アドバイスを貰いながら重点的に鍛えたりしてみたい!

 

でもチャプちゃんがいるから、そうすると託児施設付きのジムとか?セレブじゃない?そんなの。

 

なんていうか、筋トレをする為の筋肉がそもそも足りないレベルで貧弱なんですよね。

 

なんか筋肉量を数値で確認できたりしたらいいのにな。

 

そしたら今が50だから80を目指して頑張ろう!みたいに思えそうなのに。

 

と思ったら、うちの体重計そういえば筋肉量が測れたことを思い出しました。

 

 

まずは体重計に乗ることから始めようと思います。

 

姿勢とか筋肉とか筋トレとかに詳しい方いらっしゃったら、アドバイスお待ちしています♡

 

ブックマーク、ブックマークコメント励みになります♡