恥ずかしながら おかわりを

アクセスの多い記事はカテゴリー「ヒット記事」にあります

にゃー将軍のおすすめの小説

 

こんにちは、2歳の愛娘チャプちゃんの育児奮闘中のにゃー将軍です。

 

↓この増田がホッテントリに入っているのを見ました。

(1ヶ月以上前に…)

 

anond.hatelabo.jp

 

「自分はこういう小説が好きなんだけど、そんな私にオススメある?」という話ではなくて、「条件はないので、ただ単にあなたの好きな小説を教えて!」ということでした。

 

にゃー将軍は『司馬遼太郎「坂の上の雲」、村上龍「半島を出よ」』とコメントしました。

 

そうしたらまた別の日に誰かがこの記事についてのコメントの集計を取ってくれたようでした。

 

anond.hatelabo.jp

 

にゃー将軍の挙げた「半島を出よ」も3票を獲得し、16位に入っていたので、なんとなく安心したのでした。

 

また、「もう挙がっている作品は避けちゃったよ」というコメントも多く、「誰かとかぶってもいいから、おまえが本当に好きな小説を挙げよ」というお題だったとしたら、もしかしたら順位に変動があるのかもしれません。

 

それから更に作家でまとめてくれた人もいたようでした。(同じ人かな?)

 

anond.hatelabo.jp

 

司馬遼太郎は6名が作品を挙げたが、全部違う作品だった。すごい。

 

そうかぁ、確かににゃー将軍も「坂の上の雲」を挙げるときに、「燃えよ剣」と迷ったのでした。

 

皆さんの好きな作品はランキングに入っていたかな???

 

ブコメは文字数が限られているので、きっと各々の本当のオススメを書いているんだろうと思うと、みんなが挙げている作品を片っ端から読んでいってみたいという気持ちになりました。

 

にゃー将軍はあまり読書家でないので(しかも最近は小説をあんまり読んでいなかった)、知らない作品が本当に沢山ありました。

 

 

 

父が入院したときの差し入れ

 

にゃー将軍の父は、私が子供の頃から気管支が悪く、よく咳をしている人でした。

 

飼っていたインコ(名前はエレン)が父の咳を真似するぐらいでした。

 

「エレンちゃ~ん! 可愛いね! ゴホゴホ。ご飯よ~! ゴホっ。」

とさえずっていました。

 

そんな父が10年以上前のにゃー将軍がまだ20代の頃に、肺炎っぽくなってだと思うんですけど入院したことがありました。

 

にゃー将軍は「入院生活とはきっとすごく退屈なものなんだろう。」と思い、その時点でのベスト小説であった司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」と村上龍さんの「半島を出よ」の文庫本を持ってお見舞いに行ったのでした。

(ベストの小説が10年以上前とあまり変わらないということは、それだけ最近小説を読んでないということだなぁ…。)

 

父は良くなって退院したのですが、「読んだ?」と訊いたら「読まなかった。どっちも登場人物が多くてよくわからなかった。」と言われがっかりしたのでした。

 

今だから思うのですが、体調が悪くて入院している弱った人に対して、がっつり物語の中に入っていく必要のある壮大なストーリーを薦めても、ちょっとハードルが高いというか読むだけにしても気力を使いそうです。

 

面白い話だとしても、その時の体調や気分によって読む気になれなかったりしますよね。

 

なんかもっとショートストーリーとか、エッセイとか、軽く読めるものの方が弱っている人にはよかったかなぁと思います。

 

そんな父ですが、つい最近また肺炎で入院してしまったのですが、今回はチャプちゃんのフォトアルバムを母を通して渡してもらうことにしました。(コロナで面会が出来なかったため)

 

そしたら思いのほか早く退院できることになったので、父は退院後にチャプちゃんアルバムを見ているはずです。

 

きっと長文を読むより楽で楽しかったのではないでしょうか。

 

まだ退院して以来会ってないので感想は聞いていませんが。

 

そんなところです。

 

ブックマーク、ブックマークコメント励みになります♡