恥ずかしながら おかわりを

アクセスの多い記事はカテゴリー「ヒット記事」にあります

にゃー将軍テレビを盗まれてしまう

 

こんにちは、1歳8ヶ月の愛娘チャプちゃんの育児奮闘中のにゃー将軍です。

 

テレビが盗難に遭ってしまいました。

 

ちなみに家に強盗が入ったというわけではなくて、捨てようと思っていたテレビをゴミ捨て場に置いておいたら、業者ではない何者かによってどこかに持ち去られたという話です。

 

 

テレビが壊れたのはオリンピック前の話

 

東芝のレグザを使っていたのですが、映らなくなったんですよね、もうすぐオリンピックって時期でした。

 

まだ5年ぐらいしか使っていなかった(はず)のに、壊れるの早くね?と思い、「レグザ 映らない」等で検索したところ、色々と映すためのやり方を指南しているブログに行きついたのですが、それを参考にいろいろやってみるも一旦映るようになったりまた映らなくなったりしておりました。

 

で、最終的には全く映らなくなり、価格ドットコムで自称家電詳しいマンが「レグザはだめ。質の悪い部品を使ってコストを抑えようとしているから全然だめ。」と言っていて、「本当だよちくしょー、福山雅治見損なったぜ」と買い替えたのでした。

 

※にゃー将軍は家電詳しくない将軍なので、あまり参考になさいませんよう。最新のレグザはいいかもしれないよ・・

 

捨てるのはパパチャップが担当

 

そして、今度はソニーのブラビアのサイズもちょっと大きいのにしました。

 

 

だもんで、テレビ台も大きいのに買い替えました。

 

で、古いテレビとテレビ台を捨てなきゃいけないってんで、にゃー将軍がテレビ台を、夫のパパチャップがテレビを捨てる当番ということにしました。

(両方やるのが面倒だったので、「私こっちやるからあなたこっちやってね!」と言ったところ「お、おぅ・・」ということになったのでした。)

 

それで、にゃー将軍はちゃちゃっと粗大ごみの手続きを済ませて、すぐにテレビ台は我が家から去っていきました。

 

ところが、パパチャップが全然手続きをしない!

 

古いテレビを見かけるたびに「テレビ、ちゃんと処分してね」「今度やるよ」という会話が繰り返されました。

 

結局年を越してしまい(笑)、しびれを切らしたにゃー将軍が「もういい! にゃー将軍がやる」と手続きをすることになりました。(最初からやればよかった?)

 

テレビは捨てるのがややこしい

 

私の住んでいる自治体だからなのかわかりませんが、テレビは捨てるのが面倒くさいんですよね。

 

「家電リサイクル」の対象なので、他の粗大ごみとは扱いが違う。

 

我々の住んでいる横浜市のホームページを見ると、「購入したお店がわかる場合には買った小売店に問い合わせ、わからない場合は家電リサイクル推進協議会か家電リサイクル協力店へ申し込み、自身で機器を運搬できる場合は市内・近郊の指定引取場所へ搬入する」とか書いてある。

 

えっ?何々?

 

リサイクル料金を調べるには外部サイトを参照しないといけないし、家電リサイクル推進協議会に連絡しようにも家電リサイクル協力店がどこにあるか確認しようにも外部サイトに飛ばされるんですよ。

 

なんていうか見づらい!わかりづらい!

 

エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の出し方 横浜市

 

結局どこに頼めば安く済むのか、持ち込む場合にはどこにいつ持っていけばいいのかっていうのがすぐにはわからないのですよ・・もう嫌んなっちゃう。

 

だからパパちゃんにやってもらいたかったのに・・。

 

で、もう色々調べるのが面倒になってきて、横浜家電リサイクル推進協議会に回収を依頼したところ、「5,390円を先に振り込んでください」ということになりました。

 

そこで「高くない?」とか言い出すパパチャップでしたが、「じゃあ自分でやってくれよ」と言うにゃー将軍の顔が怖かったんでしょう、「まぁいいか」と引き下がっていました。

 

ちなみに、¥5,390- の内訳は

「レグザ40型の場合のリサイクル料金¥2,970-」と

「収集運搬料金¥2,420-」

だったようで、指定取引場所に持参する場合はリサイクル料金だけで済むようでした(問い合わせてみるまで収集運搬料金がいくらかわからなかった)。

 

でも持参する場合は事前に郵便局にある「家電リサイクル券」を使って振り込みのうえ、「家電リサイクル券」の綴り一式と一緒に持ち込む必要があるとのこと・・それはそれで面倒だなぁ、もう・・。

 

こういうややこしいの本当嫌いだし苦手です・・・

 

いよいよ回収日

 

そしてようやく、半年ぐらい狭い家の中で邪魔者扱いされてきた古いテレビくんを業者さんと打ち合わせしたとおりに、指定の時間に指定の場所に置いて回収を待つことになりました。

 

ところが知らない番号から電話があり「指定の場所にテレビがありませんでした」とのこと。

 

え~!パパチャップが朝持って行ってくれたはずなのに・・まさか場所が違う!?とか思ったのですが、「置いたんですけど」と言ったところ「じゃあ盗難っすね!多いんですよね。」と言われました。

 

一応にゃー将軍慌ててゴミ捨て場に見に行ってみたのですが、置いてあった場所にはなくなっておりました。

 

え~5000円以上出して捨てようとしているものを盗む人がいるの・・?

 

ほいなら言ってくれればあげたのに~

 

その後の対応

 

その後、回収業者から改めて連絡があり、リサイクル料金の¥2,970-は返金してもらえるということでした。

 

回収するつもりで来てくれているから収集運搬料金はかかりましたが。

 

だから、覚悟していたよりも安く済んだからよかったという話ではあるのです。

 

でも・・なんか盗むぐらい需要があるものなら不用品回収業者とかに最初っから連絡した方がよかったのかなあ~とかも思っています。

 

ちなみに回収の日は雨で、壊れて映らないレグザはびしょ濡れになっていましたが、それをどうにかするとどうにかなるものなの?すごいね~

 

 

しょうもないお話にお付き合いいただきありがとうございました♥

 

 

クリック励みになります

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
にほんブログ村