恥ずかしながら おかわりを

アクセスの多い記事はカテゴリー「ヒット記事」にあります

このボタンを押すとランダムで記事を表示します→

夜間授乳で細切れ睡眠【GARMINスマートウォッチで計測してみる】

 

あけましておめでとうございます、3歳のチャプちゃん・0歳のキューちゃんの母親業奮闘中のにゃー将軍です。

 

キューちゃんは生後8ヶ月になりました。

 

生後6ヶ月までは、育休中のパパが夜間はミルクをあげてお世話をしてくれていましたが、育休も終わり、にゃー将軍がチャプちゃんとも一緒に寝つつ、キューちゃんが泣けば添い乳対応をするようになりました。

 

するとどうでしょう!

 

パパちゃん育休中は結構まとまって寝てくれるようになっていたキューちゃんでしたが、ママと寝るようになってから段々と頻繁に泣くようになり、次第にその泣き声でチャプちゃんも寝ぼけて泣き出すようになり、寝ぼけたチャプちゃんの泣き声は凄まじくうるさく、もう本当夜間に阿鼻叫喚の我が家なのでした。

 

そんなわけでにゃー将軍の睡眠は著しく妨げられていて、全然眠った気がしないのですが、どれぐらい睡眠が不完全か、どれぐらい朝の時点で疲れているのかをスマートウォッチで計測してみました。

 

それについて書きます。

 

 

GARMINスマートウォッチとは

 

www.garmin.co.jp

 

 

付けておくだけで、心拍数や睡眠(レム睡眠とかノンレム睡眠とか)、歩数・残りの体力なんかが一目でわかる時計です。

 

時刻、天気予報とかももちろん見れますし、スマホが見つからないときはボタンを押せば鳴らせるし、すごい衝撃に見舞われたときは緊急ダイヤルにかけてくれたりするようです(設定してないけど…)。

 

にゃー将軍は「自分の眠りがいかに邪魔されているかを見える化したい」という要望で買いましたが、スポーツをやる人がその内容が効果的か見るとか、マリンスポーツしながらも記録をしたいとか、まぁ色んな要望に応える機種があるようですよ。

 

測ってみた結果は

 

 

どうですか、この日なんか寝てから朝起きるまでに、13回も起こされてる!!

(薄いピンクが覚醒、濃いピンクは浅い眠りです)

 

 

スコアは54/100で、睡眠の質:悪い

 

詳しい結果はスマホで確認するのですが、起きてまずスマートウォッチを見ると、「long, but interrupted sleep」とかって出ています。

 


子供たちを寝かしつけてそのまま自分も寝ているので、お布団の上にいる時間は長いのですが、全然「よく寝た~~!!」とは思えない寝起きなのであります。

 

この日は睡眠の合計時間が8時間ぐらいですが、9時間・10時間ぐらいの日もあるのですが、それでもやっぱり、「もう朝か~~」という目覚めです。

 

そういうわけで、朝の時点で体力はあんまり回復してないのだろうなぁと「Body Battery」の項目を見てみると…

 

 

100/100!!

 

満タンやないか!!

 

ええぇ、こんなに酷い眠りなのに100まで回復できちゃっているの!?

 

それとも「これが100だと思って今日の日を精一杯生きろよ」というメッセージなの!?

 

確かに結構元気

 

でも確かに起き上がれないほどしんどいことはなく、なんとか振り絞って起きて、なんだかんだ家事育児を始めるのでした。

 

そしてご飯を食べたら美味しいし、家事をやっているうちに乗ってきて、チャプちゃんキューちゃんとの日々を楽しんでいるんですね。

 

でも眠りによって回復できた気は全然しないんですよ。

 

では何故頑張れるかと言ったら母体の奇跡?なのか、なんというか小さい子供がいる母親が電池切れ起こしちゃまずいから神様がそういう風に設定したとしか思えない回復ぶりなのでした。

 

年末年始はパパの仕事の繁忙期なので、12月はパパだけ他の部屋で寝ることが多かった我が家ですが、お正月休みの間は家族4人で同じ部屋で寝ることもできました。

 

その際、チャプちゃんキューちゃんの二人とも覚醒の瞬間に立ち会ったパパは「これは大変だね」と驚いていました。

 

キューちゃんのことはパパが抱っこしてゆらゆらし続けるとじきに泣き止んで眠るのですが、チャプちゃんはママでないとだめなのでした。

 

寝ぼけたチャプちゃんというのは、「なるべく大きな声で叫び続けないと悪魔に連れ去られる」というルールでもあるみたいな絶叫ぶりで、だから泣きが大きくならないうちににゃー将軍がぎゅーっと抱きしめたりお手吸いをさせてあげる必要があります。

 

※チャプちゃんはおっぱいを卒業してからも、ママの手を吸いながら寝るというのが寝る前のルーティーンになっているのです。

 

それで、そんな大変な夜を経験したパパが朝「ちょっと1時間ぐらい一人でゆっくり寝てきていい?」とか言うもんだからムカついてしまいました。

 

娘たちが泣くたびにおっぱいあげたりなだめたりして、寝顔を確認してから再度眠りにつくにゃー将軍と違って、パパは確かに眠りを妨げられてはいるものの何もやってないのにさ!

 

朝の7時か8時ぐらいになると、キューちゃんがおっぱいをあげても寝ないでご機嫌で活動を始めるので、それがにゃー将軍の起床のタイミングです。

 

起床したら家事育児が目白押しなのでした。

 

今後の展望

 

チャプちゃんは1歳3ヶ月の頃おっぱいを卒業したところ夜通し眠るようになったので、キューちゃんもそういう感じかな、と思っています。(期待していると言うべきか)

 

チャプちゃんが離乳食を全然食べなかったのに比べて、キューちゃんはもりもりたくさん食べるので、その分断乳を早めても問題ないかもしれません。

 

にゃー将軍が夜通しぐっすり眠れるようになるのはいつになることやら…。

 

不思議な力によって何故か回復しているにゃー将軍ですが、眠っているところを何度も起こされるっていうのは普通にしんどい体験なので、それでも頑張っていることを誰か褒めて、という記事でした。

 

ブックマーク、ブックマークコメント励みになります♡